パソコン作法

情報系の紹介をします

Javaでミニゲームを作ろう 2:ボタンの実装

JButtonクラスについて紹介します。このクラスを使ってウィンドウにボタンを表示してみましょう。

登場人物

f:id:PCDiary:20180721180655p:plain

ジョン・・・犬。先輩。カイにJavaを教えている。

f:id:PCDiary:20180721180624p:plain

 カイ・・・猫。後輩。Java初心者。ジョンからJavaを学んでいる。

 f:id:PCDiary:20180721180624p:plain

カイ:ジョン先輩、今回は何を教えてくれるんですか?

f:id:PCDiary:20180721180655p:plain

ジョン:今回はJButtonについて教えよう。
    JButtonはボタンに関するクラスで、このクラスを使えばボタンをウィン
    ドウに表示できるよ。

1.   JButtonとは

JButtonとはボタンに関するクラスです。

下図がボタンの例です。

ボタン

主に以下の4つを指定できます。

  1. 名前
  2. 表示位置(座標)
  3. ボタンの大きさ
  4. 文字(名前)の大きさ

2.JButtonの使い方

それでは、JButtonを使ってみましょう。
はじめに、以下のコードをコピペして実行してください。

import java.awt.Font;
import javax.swing.JButton;
import javax.swing.JFrame;
import javax.swing.JPanel;
public class Button extends JFrame {
JButton btn = new JButton();
JPanel p = new JPanel();
public static void main(String[] args) {
Button frame = new Button();
frame.setVisible(true);
}
Button() {
setTitle("title");
setSize(700, 500);
setLocationRelativeTo(null);
setDefaultCloseOperation(JFrame.EXIT_ON_CLOSE);
p.setLayout(null);
btn.setText("ボタン");
btn.setBounds(190, 170, 300, 100);
btn.setFont(new Font("MS ゴシック", Font.BOLD, 32));
p.add(btn);
getContentPane().add(p);

}
}

前回のコードに赤色の部分を追加しました。
赤色以外のところでわからない部分(JFrameなど)がありましたら
下の記事をご覧ください。

 

pcdiary.hateblo.jp

 

JButtonの解説をする前に上記のコードに出てきたJPanelについて
説明をします。

 

JPanelはウィンドウに文字やボタンを表示するために必要なクラスです。
JPanelが無いとウィンドウに何も表示できません。
説明すると長くなるのでJPanelをほかのものに例えますと
JPanelはウィンドウに様々なモノを貼り付ける「のり」の役目を果たしています。
この「のり」を使ってウィンドウに文字やボタンをペタペタと貼り付けます。

それでは、JButtonのメソッドを解説していきましょう。

 

1.setText("");
ボタンの名前を指定するメソッドです。
ボタンの中央に名前が表示されます。

f:id:PCDiary:20180723015408p:plain

 

2.setBounds(x, y, s, t);

ボタンの表示位置と大きさを指定するメソッドです。
x、y、s、tの役割は以下の通りです。

  1. x・・・ボタンの横軸上の座標。値が大きくなるほどボタンが右側に行く。
  2. y・・・ボタンの縦軸上の座標。値が大きくなるほどボタンが下側に行く。
  3. s・・・ボタンの横の大きさ。値が大きくなるほどボタンが横に広がる。
  4. t・・・ボタンの縦の大きさ。値が大きくなるほどボタンが縦に広がる。

それぞれ、役割を混同しやすいので注意してください。


指定した座標(x、y)にボタンの中心がきます。

 

3.setFont(new Font("MS ゴシック", Font.BOLD, 32));

文字のフォントを指定するメソッドです。
MSゴシックの部分はメイリオなどほかのフォントに変えることができます。
Font.BOLDの部分は太字など文字の表現方法を指定します。
32の部分は文字の大きさを指定する部分で、値が大きくなるほど文字が大きくなります。

 

ほかにもメソッドはあるので気になる方は、Javaapiをご覧ください。

Java Platform SE 8

それでは表示されたボタンを押してみましょう。

f:id:PCDiary:20180721180624p:plain

カイ:あれ?ジョン先輩、ボタンを押しても何も起きませんよ。

f:id:PCDiary:20180721180655p:plain

ジョン:そういえばまだボタンに機能を付けていなかったね。
    それは次回説明しよう。

3.まとめ

今回はJButtonについて紹介しました。しかし、今のままでは何の機能も持たないただのボタンです。ですので、次回はボタンに機能を持たせるためのインターフェースについて紹介しましょう。

 

次回 

pcdiary.hateblo.jp

 

 

前回

pcdiary.hateblo.jp