パソコン作法

情報系の紹介をします

【基本情報技術者】風邪を引いても合格できる勉強法 午前試験編

f:id:PCDiary:20180721180655p:plain

こんにちは。今回は基本情報技術者試験の午前対策について紹介します。

 

試験の感想

私は平成30年度春期試験を合格しました。勉強期間は2月~4月です。
4月15日に試験があったので、勉強期間は実質1ヶ月半くらいですね。

 

一番時間を費やしたのは午後の問題です。午後の問題は長文を読んで選択肢を選ぶ方式なので、長文が苦手な私はとても苦労しました。それに反して、午前の問題は知識さえあれば解けるので、用語や公式を暗記してスラスラと解けました。

 

そうして試験勉強に励んでいたのですが、試験の2日前に事件が起きました。
体調を崩し、風邪を引いてしまったのです。そのときは「試験まであと2日あるし大丈夫だろう」と思っていたのですが、次第に悪化していき、ついに試験当日を迎えてしまいました。仕方なくマスクをして試験会場に行きましたが、ずっと咳が止まりませんでした。

 

そして試験が開始され、頑張って解いていたのですが一つ気になることがありました。
それは試験中に退出する人が多いことです。試験開始の30分後から自由に退出ができるんですが、退出する人がとても多かったです。私がいた部屋には最初40人ほどいましたが、終わる頃には私を含めて3人しかいませんでした。
そのときは退出する人が多すぎて焦りましたが、試験の結果を見て退出しなくて良かったと思いました。退出していった人たちの番号が合格者の番号になかったのです。
おそらく、退出していった人たちは強制的に試験を受けさせられて勉強をしていなかったのでしょう。ですので、あなたも試験を受けるときは焦らないように注意してください。

 

試験の結果としては午前、午後のどちらも正答率70%を超えていて無事に合格しました。(合格基準は正答率60%以上) しかし、得意だったはずの午前問題の正答率が、午後問題を下回っていました。午後の問題は咳がひどくてあまり考えて解けなかったので、驚きました。

午前試験の勉強法

結論から言いますと、試験は2ヶ月勉強すれば合格できます。
さらに1日の勉強時間は1時間で十分です。

私が実際に行った勉強法は、以下の2つです。

  1. テキストを読む
  2. 過去問を解く

この2つさえきっちりやれば午前試験はクリアできます。
では、1つずつ解説していきましょう。

1.テキストを読む

学生時代、社会や家庭科のような暗記して解く科目がありましたよね?
それと同じように午前の問題を解くには暗記が必要です。午前の問題は4択で知識を問われます。
ですので、問題を解く前にある程度の知識を身につけなければなりません。

 

私が使ったテキストは、キタミ式イラストIT塾基本情報技術者(平成30年度) 情報処理技術者試験 [ きたみりゅうじ ]です。約650ページありますが、イラストがあり、イメージがしやすくスラスラと読めます。ですが、広く浅く解説しているので、これさえ読めば過去問が解けるわけではありません。

 

全部で20章あるので1日1章読んでください。大体15分くらいで読み終わるはずです。読んだらその日の勉強はおしまいです。最初から勉強ずくしだとだんだんとモチベーションが下がってしまうので始めはこれだけで十分です。

 

それと、読む際の注意事項は意識して読むことです。漫画みたいにパラパラと読むのではなく、目に焼き付けるように読んでください。

 

2.過去問を解く

テキストを読み終わったら、過去問を解きましょう。ですが予想問題には手を出さないようにしてください。試験では80問中25問くらい過去問を扱うので、過去問を勉強した方が、はるかに有意義だからです。

 

私が使った教材は、基本情報技術者パーフェクトラーニング過去問題集(平成30年度【秋期】) [ 山本三雄 ]です。2年分の過去問を記載していて、問題一つひとつが細かく解説されています。ですが、私が使った際には1,2問ほど解説されていてもわからない部分があったので注意してください。

 

「パーフェクトラーニング」が終わったら過去問を取り扱うサイトを使ってください。

私のおすすめのサイトは「過去問道場」です。平成16年以降の問題を解くことができます。

基本情報技術者過去問道場|基本情報技術者試験.com


問題量はとても豊富ですが、1つ難点があります。それは問題を指定して解くことができないことです。出題される問題はランダムに抽出されるので同じ問題が連続して出てきたり、解きたい問題が出てこなかったりします。

問題量が多いならサイトだけ使えばいいのではと思うかもしれませんが、過去問の教材を使う理由は2つあります。

 

1つ目は、目の疲れやすさです。ずっとパソコンやスマートフォンに張り付いてサイトで勉強をしていると、目が疲れて勉強効率が下がります。ですが、紙の教材ならばその点は心配いりません。

 

2つ目は、解説の濃さです。より細かく解説しているのはパーフェクトラーニングの方です。サイトは少し解説している程度なので、わかりやすさが明確に違います。

 

ですので、過去問を解く際には
パーフェクトラーニングはその問題がなぜその答えなのかを理解して解き、
過去問道場は問題と答えを暗記するように使ってください。

3.まとめ

これで、午前試験の対策は以上です。
毎日継続して勉強し、合格を目指しましょう。
試験中にあなた以外の人が全員退出しても、最後まで見直しをしてください。

 

午後試験の対策を知りたい方は下の記事をご覧ください。

 

pcdiary.hateblo.jp