パソコン作法

情報系の紹介をします

【基本情報技術者】試験当日の流れ

基本情報技術者試験の当日の流れを説明します。私の体験談を交えて解説するので、参考にしていただけたら幸いです。

1.家を出るとき

必ず忘れ物がないか確認してください。次のものは絶対に忘れないようにしましょう。

  • 受験票1、受験票2
  • 鉛筆又はシャーペン
  • 消しゴム
  • 時計

これ以外に鉛筆削り、定規、ハンカチ、ティッシュ、目薬は試験時間中に机におけるので必要な方は忘れないようにしましょう。

私は5回以上確認して家を出ましたが、バスに乗った後、腕時計を忘れたことに気づきました・・・。そのときは時間に余裕があったので、家に戻って取れましたが、バスに乗っている間は本当に焦りました。私と同じ目に遭わないように必ず持って行くものを確認しましょう。

2.試験会場に着くまで

バスや電車を使って試験会場に行くときは、寝ないように気をつけましょう。乗り過ごしてしまうと、試験会場で復習する時間が減ったり、最悪の場合、試験時間に間に合わなくなります。前日に緊張して寝れなかった時は要注意です。睡魔が襲ってきます。なんとか耐えて会場に行きましょう。

バスや電車に乗っている間の暇な時間は、景色を見るなどしてリラックスしてください。
勉強するときは酔わないように注意です。

3.試験会場に着いたら

試験会場に着くと、試験受ける場所が書かれている看板があります。1~50番はA教室51~100番はB教室のように、受験番号によって場所が異なるので、受験票から受験番号を確認しながら見てください。

試験を受ける場所に着いたら、自分の受験番号が書かれている席に座り、試験が始まる9:30まで総復習をしましょう。

時間に余裕があったら便意がなくてもトイレに行っておくのが吉です。午前試験が終わったら休憩時間がありますが、おそらく人が大勢並んでいるのでトイレに行けないと思います。私がそうでした。
おかげで腹が痛いまま午後試験を受ける羽目になりました・・・。

4.試験開始から終わりまで

午前試験は9:30~12:00まで、午後試験は13:00~15:30まで行います。試験時間はそれぞれ150分間です。午前試験が終わったら1時間ほどの休憩時間があります。

試験開始の60分後から試験終了の10分前までは退室可能時間ですが、退室することはおすすめできません。一度退室するとその時間の試験は受けれなくなります。私が受けたときは、退室する人が8割ほどいましたが、そのほとんどの人たちが試験に落ちていました。ですので、試験中に退室する人が多くても気にせずに最後まで見直しをしましょう。

試験を受ける際に注意してほしいことは、午後試験にある選択欄の問題番号のマークです。プログラム問題はともかく、問2~問7から選択する4問は何を選択するかは最初から決めていないと思います。そうすると、後からマークをすることになるので、問題を解くのに気をとられて忘れてしまうことがあります。私は試験が終わる15分前くらいにマークをしていないことに気がつきました。マークをしていないと採点されない場合があるので注意しましょう。