パソコン作法

情報系の紹介をします

【環境変数Path】 Windows10でインストールしたものが起動しないときの対処法

インストール方法が書かれている記事を見ながらインストールするときってありますよね?

しかし、「インストールしたのに起動できない!」ということが
しばしばあります。おそらくそれは環境変数のPathが正しく設定されていないことが
原因です。

インストール方法が書かれている記事にたいてい環境変数の設定方法が書かれていますがインストールしたものがバージョンアップしているとたまに設定方法が変わっていることがあります。

それを自力で解決したい方はこの記事をご覧ください。

 

1.環境変数Pathとは

環境変数Pathとはプログラムの場所を教える案内板のようなモノです。
プログラムを起動するときWindows10がそのプログラムの居場所を探すのですが
方向オンチなので場所を教えてあげないとたどり着くことができません。

 

人で例えると、プログラムを起動しろという命令は「金をやるから今すぐカナダに行け」と言っているようなものです。
金はあってもカナダへの行き方がわからなければ行けませんよね?
この場合、環境変数Pathはカナダへ行くルートです。

 

下の図を使って説明します。

f:id:PCDiary:20180726235156p:plain

例えば、現在位置はfile1でexeというプログラムを起動したいとします。
起動するためには以下のように環境変数Pathに書き込みます。

C:¥file1¥file2

 

2.環境変数Pathの設定方法

それでは実際に設定してみましょう。

エクスプローラーを開き、起動したいプログラムがあるファイルまで開いてください。
そして PC>ドキュメント>~ というように書かれている横長の四角形の部分を右クリックしてください。そうすると「アドレスのコピー」と出てくるのでそれを実行してください。そのコピーをしたものをPath内に貼り付ければおしまいです。

これで起動ができるはずです。

 

3.Pathを設定しても反映されない場合

  • Cの次は;(セミコロン)ではなく:(コロン)にされていますか?
  •  file1やfile2の間にをいれていますか?
  • 半角文字になっていますか?
  • コマンドプロンプトを使っているときは1度閉じてから
    もう一度開いてください。
  • Pathを設定したら設定画面を閉じてください。