パソコン作法

情報系の紹介をします

【Java】入門書を読み終わったら読んでみたいテキスト

Javaの入門書を一通り読んでみましたか?おそらく1冊の入門書だけでは、物足りないと思います。そこで、入門書からちょっと進んだ中級者向けの書籍を紹介します。

1.中級者向けのテキスト

入門書を一通り読み終わった後に、読んでほしいのは、スッキリわかるJava入門(実践編)第2版 [ 中山清喬 ]です。

スッキリわかるJava入門第2版 [ 中山清喬 ]の続きなので、まずこちらから読んだ方が、効率的に読んでいくことができると思います。

 

本書は、配列に似たArrayListクラスやラムダ式などのコードに関することや複数人でコードを書くときに必要なことを解説していて、ちょっと難しいですが、本格的なコードをかけるようになります。

 

さらに、ファイルについての解説もあるので、これを応用すれば、セーブデータなどを作レル用になるので結構おもしろいです。

良い点

  • 様々な配列の特徴やファイルの書き込み、読み出しなどをイラストを使って解説しているので、イメージしやすい
  • 本格的なコードを書けるようになる

悪い点

  • 後半部分は、共同開発するときに必要なことの解説なので、趣味だけでコードを書く人には必要ない

2.まとめ

本格的なコードが書けるようになるには、自分でコードを書いてみることある程度の知識が必要です。その知識が、本書に詰まっています。本屋や図書館などで、ぜひ、一度読んでみてください。

 

 

Javaミニゲームを作ってみたい方はこちらもお願いします。

pcdiary.hateblo.jp